株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
staffblog
スタッフブログ

会長のブログ 2014.10.27

下土狩K邸配筋検査

今日、1027日は下土狩のK邸の配筋検査に立ち会いました。

JIOの瑕疵担保保険の検査ですからJIOの職員が検査に来ます。

全景.JPG

保険機構に会社登録するときに、芹工務店の基礎配筋の方法を登録して承認を受けます。

 

登録した配筋方法に添ってJIOの職員が検査します。

点検風景1.JPG

紺のベストを羽織っているひとがJJIOの検査員さんです。

 

鉄筋のピッチ、太さ、継ぎ手の重ね長さ、地面とのスキマを確保するスペーサーの高さや

スペーサーの配置ピッチ、開口部の補強、水道配管とのスキマ確保、立ち上がり鉄筋の型枠とのスペース確保など沢山の項目を検査します。

点検風景2.JPG点検が一段落して、点検状況の報告中です。

隣は佐藤監督です。

 

その間に私は「環境整備」についてチェックします。

パンフレットボックス.JPG

看板やパンフレットボックス(ボックスにパンフレットが入っていません。)、

安全ボックス.JPG

安全ボックスはアシブロックも敷いてありますし、中身も揃っています。

トイレ.JPG

トイレは装備品と標語はチャントしていますが、駐車場案内と現場仮設計画図がまだ貼ってありません。

水栓.JPG

水栓、ホースのジョイント、現場内のゴミなどをチェックします。

今回はホースジョイントも接続金具を使ってシッカリとしています。(下写真左)

ホース接続口.JPG ホースジョイント悪い例.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(上写真右)こんな風に結束線(鉄筋のジョイントに使います。)でしばったり、ホースを突っ込みっぱなしは止めましょう。

いつ外れてしまううとも限りません。

 

検査は無事終了で合格でした。

検査員からは「モデルにしても良いくらいよく施工されています。」

とお褒めの言葉を頂きました。

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ

PAGE TOP