株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
自然素材に囲まれて楽しく暮らす
ご主人はバイクガレージで趣味を楽しみ 奥様は家事がはかどる 無垢の家
ご主人はバイクガレージで趣味を楽しみ 奥様は家事がはかどる 無垢の家
芹工務店ではおなじみとなった梁を出した高い天井とムクフローリング。
こちらのお住まいはさらに、リビング壁面の一部に木材をヘリンボーン貼りにし、ダイニング壁面にはブリックタイルを。
このブリックタイルはご夫婦のこだわりのひとつで、玄関にも使用しました。
奥様のこだわりは各所に設けた収納と家事動線。
ご主人のこだわりは、趣味のバイクいじりを存分に楽しめるバイクガレージです。
ご夫婦それぞれのこだわりと希望を形にしたお住まいです。
 
  • 収納たっぷりキッチン
    キッチン背面はオリジナルの収納棚になっています。

    天井まで無駄なく収納でき、炊飯器や電子レンジといった家電も仕舞え、3枚引戸で目隠しができるので生活感のない美しい理想のキッチンが実現できます。

    造作のキッチンカウンターは一部扉を付けたので、こちらも生活感のある雑貨の目隠しに。
    POINT
    0I
  • 本物の木材を使った壁面アクセント
    リビング壁面には木材をヘリンボーン模様に貼りました。

    本物の木は一枚ごとに表情の違う木目と色が美しく、木の香りで癒される心地よいリビングとなりました。
    POINT
    02
  • 多目的に使える和室
    LDK隣接の和室はシーンに合わせて3枚引戸で仕切れるようにしました。

    引戸開放時は壁面裏側に収納できるようにしたこともオーナー様のこだわりのひとつです。

    和室とフローリングは全てフラットになるように、畳縁のないタイプを採用しました。
    POINT
    03
  • 扉付き収納を備えた洗面台
    洗面台はワイドタイプを選びました。

    扉付き収納を備えていて、タオルや下着、洗剤やシャンプーのストックまでたっぷり入ります。
    POINT
    04
  • ホワイトと木目のトイレ
    ホワイトと木目でまとめたトイレにも、ヘリンボーン模様の床材を合わせました。
    POINT
    05
  • 玄関から続く動線
    玄関には大容量シューズクローゼットを確保しました。

    お子様の自転車や遊び道具はもちろん、コートを掛けられるハンガーパイプを取り付ける工夫も。

    玄関左手は2階へ上がる階段とLDKへつながる廊下となっており、正面の扉からはファミリークローゼット、洗面脱衣を抜けキッチンへ。

    この回遊性のある間取りは、日々の家事を効率的に行え、奥様の負担が軽減されるでしょう。
    POINT
    06
  • ご主人自慢のバイクガレージ
    バイクガレージのシャッターを開けるとOSB合板が張られ、外観からは想像がつかないようなアメリカンガレージを思わせる空間が広がります。
    POINT
    07
概要
建築エリア 長泉町下土狩
構造 木造2階建て
間取り 4LDK+WIC+バイクガレージ
家族構成 ご夫婦+お子様
坪数 約42坪
完成年 2016年

構造仕様

分かりやすく解説します!
各数値について
直下率 67%
UA値 0.45
C値 0.3
OWNER MESSAGE
お施主様からのお言葉
Q1.あなたの住まいづくりのエピソードをお聞かせください。



私の兄が数年前に芹工務店さんで家を建てており、その紹介でお付き合いが始まりました。

人生の中で一番大きな買い物ということもあり、私も妻もメーカー選びはかなり慎重になっていました。

ハウスメーカーや工務店、合わせて10社以上足を運び、各社様々なプランをご提案頂きました。

完成見学会もかなりの数を巡りました。

最終的に芹工務店さんに決めたきっかけとなったのは、現社長である芹澤さんの人柄です。

いつまで経ってもYESを出さない私達に本当に辛抱強く、誠実に接して下さいました。本当に大変だったのではないかと思います(笑)

今となって私達の判断は間違っていなかったと確信できます。





Q2.住まいづくりでこだわった点はどんなところですか?



・何十年と暮らしていく中での生活動線を意識した配置

・和室の位置と引き戸の収納スペース

・リビングのヘリンボーンと玄関のブリックタイル

・妻に反対されながらも無事完成したバイクガレージ





Q3.これから住まいづくりをされる方へひとことお願いします。



漠然とした理想や好みを如何にして伝えるかが住まいづくりにおいて重要だと思います。

玄関のブリックタイルに関しては、ご担当頂いた杉山さんにご提案頂いたのですが、見事私達が好きそうな「クセ」をプラスしてくれました。

私達の理想、好みがしっかりと伝わったことにより、期待を超えるご提案をして頂けたのではないかと思っております。

PAGE TOP