株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
クラシカルモダン
大人の雰囲気が漂う 落ち着いた上質感のある家
大人の雰囲気が漂う 落ち着いた上質感のある家
どのお部屋もカフェにいるような落ち着いたおしゃれな空間に。
インテリアにとてもこだわりがあり、家具が大好きというオーナー様。
そんなオーナー様のセンスが光るお住まいです。
  • 大きなガラス窓の奥には緑豊かな中庭
    お客様をお出迎えする玄関ホールは広々と解放的に。
    四季折々の自然を楽しめる大きな窓とスチール手すりの階段が印象的です。
    POINT
    0I
  • クラシカルなデザインの照明
    オーナー様こだわりの照明はクラシカルなデザインで、やわらかな光と影が映し出される壁面はまるで絵画のよう。
    POINT
    02
  • ミッドセンチュリー風にコーディネート
    ダイニングにはクラシカルなデザインのシステムキッチンを採用しました。
    カフェのような雰囲気の中おいしく食事ができます。
    POINT
    03
  • 外観は白と黒ですっきりとした印象に
    外観は飽きのこないモノトーンカラーで仕上げました。
    POINT
    04
概要
建築エリア 伊豆の国市三福
構造 木造2階建て
間取り 5LDK+書斎+納戸+ランドリースペース+SC
家族構成 ご夫婦+お子様2人
完成年 2014年

構造仕様

分かりやすく解説します!
各数値について
省エネ設備 太陽光パネル4kW
直下率 68%
UA値 0.49
C値 0.6
OWNER MESSAGE
お施主様からのお言葉
Q.あなたの住まいづくりのエピソードをお聞かせください。

以前は祖父の建てた築70年の古民家に住んでいました。
住むにあたり、水廻りを芹工務店にリフォームしていただきました。
雰囲気も良く、気に入って暮らしていたのですが、ある時期を境に建物の劣化が進行し始め、また子供ができたこともあり、将来的に現状を維持しながら暮らすのは難しくなってきました。
そこで思い切って旧家を取り壊して新築の家を建てようと決心しました。
さしあたって、有名なハウスメーカーを何社か見させて頂きましたが、各社とも規格が決まっており、私たちの思うところとかけ離れていました。
一度リフォームでお世話になった芹工務店さんとは気心も知れていましたし、リフォームが満足のいくものでしたのでお願いすることにしました。


Q.住まいづくりでこだわったポイントを教えてください。

今は状況に応じて部屋をフレキシブルに使うスタイルが主流でしょうが、私たちは最初から部屋ごとに詳細に使用目的を決めてしまうことによって、各空間ごとに明確なコンセプトを持たせることにしました。
ただ、個性が際立ち、ちぐはぐにならない様にすることで飽きのこない、長く快適に暮らせる家になるよう細部に至るまで妥協せず、統一感を持たせる事にこだわりました。
また、ホテルや旅館にみられる様なホスピタリティーも参考にし、随所に取り込みました。
インテリアが大好きで、ミッドセンチュリー・・・北欧スタイル・・・カフェスタイル・・・どれも捨てがたい。ならば、全ての要素に対応して馴染んでしまう家にしてしまえば良い!ということで、芹工務店さんにはかなり頑張っていただき、何度も打合せを繰り返しました。


Q.住まいづくりを振り返って一言お願いします。

やはりアイシネンは秀逸だなと思いました。
断熱及び防音効果も高く、とても静かで快適に過ごすことができています。
塗壁にして良かった点は、部屋のグレード感が上がる事。難点は音が反響する事です。
フローリングは合板より無垢が良いと改めて思いました。
合板は冬場ひんやりしますが、無垢はそれがありません。
外構に関しては、自分たちで・・・と頑張りましたが、途中で断念している状態なので、最初からお願いすれば良かったかも・・・。


Q.建築中に印象に残ったエピソードはありますか?

やっぱり図面と現物は思ったより広かったり、逆に狭かったり、色々な意味で違うなと感じました。
規格のはめ込みとは違い、手作り感が伝わってきて温かみを感じます。


Q.住み心地の感想をお聞かせください。

何より一番思うことは快適だな・・・ということです。
家を建てるにあたり細部まで色々考えたつもりでしたが、実際に住んでみてコンセントの位置などこうすれば良かった。と思うことはやはりあります。
他にも屋根裏収納など、出来る限り収納スペースを確保すれば良かったです。
ただ、1年経った今でも家に帰るのが楽しみです。


Q.アフター対応について、ご意見をお聞かせください。

迅速に対応して頂けるので、とても助かります。


Q.これから住まいづくりをされる方へひとことお願いします。

とにかく色々考えたほうが良いです。
考え足りないということはありません!

PAGE TOP