株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
staffblog
スタッフブログ

会長のブログ 2014.09.04

うなぎ「さくらや」

先週の話です。

この夏の最後のウナギを食べに行こうと

妻と二人で「さくらや」に行ってしまいました。

「野田岩」、「上土うなよし」と廻って、やはり、来てしまいました。

 

ここはお客の数が半端ないね。

1階の土間の入れ込みと2階の広間、ほかに小部屋が2つかな。

なんだかんだと100人位入るんじゃないかしら。

 

それだけの客席が有って、なおかつ、外で待つ人が行列をつくっていたら、うなぎの焼き具合のレベルをキープするのはなかなか大変でしょうね。

 

 

出かけるのが5時を過ぎてしまったので、「待たされるだろうなあ。」と思たのですが

案の定、

外の受付の紙は4ページ目だと整理員のおじさんに言われてしまいました。

 

でも、20分位で中へ入れると言われて、以前より人の捌き方が上手になったなあと思いました。

 

 

部屋に案内されてからも30分程度でうなぎが出てきました。

もっと待たされると覚悟していたのですが・・。うなぎならこのくらい待たされるのは当たり前でしょう。

むしろ、早過ぎる方が違和感を感じます。

 

ところで、お味なんですが・・。

チョット?でした。

 

テリの感じは普通に甘みのあるタレを予感させるのに、甘みは思いっきり控えめで、かと言って江戸前風にほんのり醤油な香りがするでもなく

全く愛想なしのあんたどこの人みたいな薄味なんですね。

香貫の「うなよし」みたいな方向に行っちゃってる感じがしました。

 

 

柔らかさは相変わらず上等でしたが・・チョット残念な感じがしました。

 

油の落ち具合、味のあっさり感、やわらかすぎない絶妙な柔らかさ

やはり「野田岩」食べて~ッ。

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ

PAGE TOP