株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
staffblog
スタッフブログ

小澤のブログ 2018.10.15

庚申祭(こうしんさい)

唐突ですが庚申塔(こうしんとう)って皆さんご存知でしょうか?
設計の小澤です。
先日、地域の老人会の皆様より庚申祭(こうしんさい)を行うので是非参加してくださいと
お誘いを受けました。(そうです。今年は区長なのです。)
近所に昔から小さな空き地に石の記念塚みたいなものがあるのは承知しておりました。

庚申塔だそうです。

イメージです。(地域の庚申塔はもう少し小さい)

もともと地域で年に何回か供養していたみたいで
いつの間にか地域の老人会で行事を行うようになったそうです。
庚申とは元々は中国の道教からの由来で、人間には体内に魂(コン)、魄(ハク)、そして三戸(サンシ)という3つの虫がいるようです。
この三戸(サンシ)は自由なやつで旧暦で60日ごとに来る庚申(かのえさる)の日に宿主である人間の悪行(あることないこと)を天帝に告げ口をする。
天帝は人間の悪行を知ると(たとえ作り話でも)その宿主の寿命を縮めてしまう為、人間にとってはとんでもないやつです。

お祭の風景

三戸(サンシ)が動き回れる日は庚申(かのえさる)の日と決まってますから、昔からその日の前後3日間、寝ずに見張っていたそうです。
日本書記や枕草子にも出てくるそうです。(初めは陰陽師が行っていたそうです)
他にも地域によっては、街道筋に建立し他から災いが入って来ないようにするとか色々です。
まあ今では地域の人々の健康長寿と災難が来ないようにする行事のようです。

健康長寿といえば、住まいの環境は大事です。
バリアフリーは単なる段差だけではなく、温度環境のバリアフリーの大いに大切です。
地震等の備えである高耐震性、温度環境を快適にする高気密・高断熱は今や住宅には欠かせません。
芹工務店では地域においてそんな住宅を日々提供、提案しています。
毎月 完成見学会や、構造見学会、また お引渡しから住まわれているオーナー見学会など
なにかしら イベントを行っていますので、是非目で見て、体で感じとってください。

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ

PAGE TOP