株式会社芹工務店
DESIGN & CONSTRUCTION
趣味と暮らしを存分に楽しむ住まい
趣味室にホームライブラリー 暮らしを存分に楽しむ住まい
DATA
概要
  • □ 木造2階建て
  • □ 長泉町下長窪
  • □ 4LDK+書庫+音楽室+WIC+ロフト+SC
  • □ ご夫婦+お子様1人
  • □ 約33坪
趣味室にホームライブラリー 暮らしを存分に楽しむ住まい

オーナー様と当社との出会いは2010年1月。
当時開催中の完成見学会へ参加されたのが始まりでした。

土地探しからスタートした住まいづくりは、ご主人の単身赴任やお子様の成長、ご家族のライフスタイルの変化に伴い、希望エリアの変更や実家の建て替え案など様々に変化していきました。
そんな中でも当社のイベントの数々にご参加いただき、住まいづくりや土地探しの知識、間取りやインテリアの工夫も沢山勉強されたことで、新しい家での暮らしを具体的にイメージすることができたそう。

完成したお住まいには、ご家族みんなが暮らしを存分に楽しめる間取りと工夫がたくさん詰まっています。

OWNER MESSAGE
お施主様からのお言葉
Q1.芹工務店に決めたきっかけを教えてください。

10年以上前、ちょうど娘が生まれた年から、新築づくりに向けて私達家族は動き出しました。
初めは共働きで特に妻が忙しく、祖母が母代わりで娘を育てていた我が家。
「おばあちゃんちを建て替えて二世帯で住めたらいいね。」と話していましたが、とても小さな土地・家だった上、趣味に伴う物が多い為そうそうに諦め、他市内のとある建築会社と話を進めていました。
しかし、家族の想いがなかなか伝わらず、夢は涙と変わり挫折。
もう一度、家族とどう暮らしていきたいか確認し「ダメ元で祖母の家の建て替えをチャレンジしてみよう・・・」となって出会ったのが芹工務店でした。
あてもなくネット検索し始めすぐにヒットしたのが芹さんのHP。
独特のかわいらしいフォントで書き上げられたその中には、家づくりに対する熱く温かな想いにあふれ、施工事例にはシンプルながらぬくもりあふれた木材と家族の想いがギュッと詰まった写真でいっぱいでした。
社長(現会長)のお人柄良さそうな紹介文と写真の顔を信じTEL。
すぐに現場に来て下さり、状況説明、アドバイスなどとても早くていねいに対応していただきました。
そこから10年以上、建て替えは諦めましたが、祖母の家のある長泉で新築を夢見て、芹さんの完成見学会は欠かさず参加させていただきました。
回を重ねるごとますます芹さんスタッフ様の気配りのある温かなご対応に、信頼度はマックスに。
娘のことも我が子のようにかわいがっていただき、「芹さんでしか家は建てない」との想いでいました。
途中、夫の単身赴任をはじめ、前に進めないときもありましたが、その間も営業の田中さんとの温かなお付き合いは続き、今が最後で最善のチャンス!と、家族と芹さんと二人三脚で力を合わせ、やっと芹工務店の「幸せのなる家」が建つこととなりました。


Q2.住まいづくりでこだわったポイントはどんなところですか?

好きなものをギュッと詰め込みました。
でも「幸せのなる家」はこれからも大切に育てていきたいので、シンプルなつくりにしました。
ベースとなる部分には心地よさや遊び心が詰まって、わくわくするお家だと思います!

・白を基調とした内装とナチュラルカラーのアクセントクロス、好きなチェック柄も取り入れました。
・ぬくもりいっぱいの木材
・お気に入りの照明
・大好きな音楽、歌を堪能しながらリラックスできるお風呂
・本好き家族の本を収納できるライブラリー
・楽器専用の保管と練習ができる音楽室
・沢山の趣味を満喫できる書斎
・お泊り会でも一人のときも、居心地最高のロフト
・子供部屋の田の字の窓
・本やピアノなど重い物を置く場所に対しての事前の準備・安全策
・明るくあってほしい部屋、そうでない部屋の配置と日の当たり方とその対処
・シンプルな外装
 西側のアングルは道路沿いなので、二階とロフトの四角の窓はカフェ風を意識しています。
 ロフトの窓はかわいい照明が外から見えるようにしました。
・家の形をした大きなニッチ
 クロスがポイント!


Q3.これから住まいづくりをされる方へ一言お願いします。

・できるだけ多くのアイデアを出して、営業・設計・コーディネーターの方々と話し合い、最終プランを出す事。
 アイデアはどれだけあっても足りないと思います。
 実現性とアイデアの矛盾とかは気にせず、やりたいことは全てぶつけてみる。
 そこから専門的なアドバイスやプランが出てきます。
 あとは信頼してお任せすること。

・つくづく、準備が9割、建築1割だと思いました。
 全て決めないといけない注文住宅は準備が本当に大変ですが、注ぎ込んだ労力は必ず出来に繋がってきます。

・打合せで「これいいね!」と思った時の感情は信じてほしいです。
 実際我が家が完成するまでは、打合せの内容、図面上ではなかなか実感がわかず、別の案や他の家に目移りしてしまうこともたくさんありましたが、芹さんは必ず私達の夢は形にしてくださいます。

・我が娘はもうすぐ中学生なので新居での生活は長くはないですが、逆に自分の夢や意見を子供部屋だけではなく、家づくりを家族の一員として参加できたことにとても喜んでいます。
 もっと早く家を建てていれば、沢山お友達を呼んで遊べたりしたし・・・とネガティブにとらえていましたが、田中さんにも娘自身にも「我が家のお家づくりは今が最善だったと思う。」と言われ、ホッとしました。
 家庭環境、資金面などなかなか前に進めないときはあるかと思いますが、各家族ごと良いタイミングの時はポンポン話が進みます。
 それまで慌てず芹さんと良いお付き合いを重ねて夢を膨らませてほしいと思います。

PAGE TOP